水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

新ブログ「水戸芸術館スタッフのブログ」公開中!
新らしいブログはコチラ↓
http://blog.arttowermito.or.jp/staff/
『赤シャツ』公演終了
ご来場ありがとうございました。

各種チケット好評発売中!

≫ EDIT

水戸芸術館ブログ統合のお知らせ

「水戸芸術館ACM劇場だより」をご愛読いただいている皆さまにお知らせです。


これまで、各部門で別れていた水戸芸術館のブログが統合されます!

本日、「水戸芸術館スタッフのブログ」としてオープンいたしました。

新しいブログはコチラ→「水戸芸術館スタッフのブログ」

リニューアル後は、演劇公演に関する情報はもちろん、
音楽、美術、広場の催し物など、水戸芸術館をよりお楽しみいただける情報をご覧いただけます。

引き続き「水戸芸術館スタッフのブログ」をよろしくお願いいたします。



『赤シャツ』は本日が稽古最終日。

新しいブログにて、劇場の様子もお伝えしてまいります。
ご期待ください!

| 公演情報 | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『赤シャツ』稽古場レポート③

初日まであと2日となりました。

今回も、赤シャツを取り巻く登場人物たちを紹介してまいりましょう。


おさらいしておきますと、物語の舞台となるのは四国辺の城下町。
赤シャツの通う料理屋でも騒動が起こります。

その様子を覗いてみると…

金太郎&ウラジーミル

左側は、劇団ACMの塩谷亮が演じる料理屋の番頭・金太郎。
何やら困り顔ですね。

右側がロシア人俘虜・ウラジーミル役の平塚真介さん。
身長190センチの存在感と金髪、すごいインパクトです。

この街にはロシア人俘虜の収容所があり、沢山のロシア人が暮らしているのです。
時には宴会が開かれることもあったとか。



そして、ロシア人のお座敷に呼ばれてやって来た芸者がこの方。

小鈴


渡辺樹里さん演じる小鈴です。
人気の芸者さんで、赤シャツとも関わりがあるようです…。


先生方とは雰囲気が違いますが、こちらもなかなかの個性派揃い。

お座敷で何が起きたかは、舞台を観てのお楽しみです。

開幕まであと2日!

| 公演情報 | 21:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『赤シャツ』稽古場レポート(番外編)

今回は、番外編をお届けします。

5月某日。
都内のとあるスタジオで坊っちゃん役のナレーション収録が行われました。

今回坊っちゃん役を務めていただくのは渡辺徹さん。
子どもの頃は古河市で暮らしていらっしゃったという、茨城に縁のある俳優さんです。

『赤シャツ』の坊っちゃん役は、公演チラシに“声のみ”と書いてある通り、舞台には出こないというとても不思議な役柄。
しかし、新任教師の坊っちゃんが起こす騒動が物語を大きく動かしていきます。

『赤シャツ』では、原作である「坊っちゃん」のキャラクターの知られざる一面が描かれていますが、坊っちゃん先生だけは原作そのままと言ってよいでしょう。
無鉄砲な若者です。



収録現場の様子を覗いてみると…

渡辺徹収録風景1(ブログ用)


録音の前に、演出家と入念な打ち合わせをしているようです。
稽古場とは違う緊張感です。
独特の言葉づかいなど、細かなところまで確認を行っていますね。

渡辺徹収録風景2(ブログ用)


無事に終了。
最後に演出の西川信廣さんとのツーショット。


渡辺徹さんの坊っちゃん先生がどのような仕上がりになっているのでしょうか。
それはご観劇当日までのお楽しみ。

| 公演情報 | 19:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『赤シャツ』稽古場レポート②

いよいよ公演が間近に迫り、舞台稽古が始まりました。
前回に続いて、稽古場の様子をお伝えしましょう。


今回のテーマは、赤シャツが勤める中学校の先生たち。
もちろん、原作の「坊っちゃん」と同じ愛称で登場します。


まずは、劇団ACMメンバーの2名から。

うらなり(回転)

“うらなり”こと、英語教師・古賀を演じる澤田考司です。
何とも人の好さそうな様子ですね。
実際のキャラクターも…見たまんまです(笑)



続いてはこの方。

野だいこ


“野だいこ”こと、画学教師・吉川役は小林祐介です。
うらなりとは対照的に、暑苦しい風貌です。
彼は、何かと教頭である赤シャツと一緒に行動する調子のいい男です。



もうお二方。

山嵐


“山嵐”と呼ばれる数学教師堀田を演じるのは、間瀬英正さん。
いかにも頑固そうな見た目です。
見た目の通り、性格も「親譲りの八方美人」を自称する赤シャツとは正反対のキャラクターです。
彼の言動が、ストーリーを大きく動かしていくのですが…。



そしてこの方。

狸


坊っちゃんから“狸”というあだ名をつけられた校長役は文学座の重鎮・金内喜久夫さんです。
如何ですか、写真からも伝わる独特の存在感と色気!
一度観たら虜になってしまうこと間違いなしです。


赤シャツを取り巻く個性豊かな先生たちをご紹介しました。


開幕まであと3日。
チケットのご予約はお早めに!

| 公演情報 | 19:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月のチケット発売情報

今日から6月。衣替えの季節ですね。
梅雨入りも近いのでしょうか…。

今月のチケット発売情報をお知らせします。

9月13日(日)の『柳家花緑 独演会』のチケットが、今週一般発売となります。

『柳家花緑 独演会』
日時:9月13日(日)14時開演
料金:S席3,500円/A席3,000円/B席2,500円
6月6日(土)9時30分より一般発売
※財団運営維持会員、水戸芸術館友の会の先行予約あり

花緑師匠は、昨年に引き続いてコンサートホールと現代美術ギャラリーにも登場されます。
独演会と併せてお楽しみください。

詳しくはコチラ→『柳家花緑 独演会』公演情報

| 公演情報 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT