水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【劇団特集】演劇事務所’99

今日からスタート!劇団インタビューシリーズ!!

ドン・キホーテの役者さんの中には、茨城で活躍する劇団に所属する方たちがたくさんいます。
そこで、各劇団を皆様にご紹介するため、緊急インタビューに答えていただきました!
演劇事務所'99、キミトジャグジー、劇団ホワイト&ブラック、劇団OH-NENS、劇団ガトリングパンチ、プロフェッショナルファウル、heart dream shoppers、劇団コミューン、劇団青色ジョーカー、劇団遊女舞台、劇団√6、劇団バリリー座、劇団クリエをご紹介していきます。

▼今回ご紹介する劇団はこちら
演劇事務所'99

破壊ランナー写真

法王庁~1
撮影:office Photo Style(佐川智伯)

1.劇団の正式名称と通称を教えてください。

正式名称は「演劇事務所’99」です。通称は「99」あるいは「演劇事務所」です。

2.劇団の設立年を教えてください。

1998年です。


3.劇団のメンバー構成(キャスト・スタッフ数や年齢など)を教えてください。

公演ごとに構成が変わりますが、キャスト・スタッフとも20代~40代で、10~15名ほどで活動しています。

4.劇団の活動拠点はどこですか。

水戸市(水戸市芸術祭演劇フェスティバル)

5.劇団の特徴・作品の色について教えてください。

公演(企画)ごとに出演者、スタッフを募集するプロデュース形式で活動しています。
専属劇作家はいません。主に現代の日本人劇作家で、出版されている作品の舞台化をしています。80年代~90年の小劇場の作品が多いです。


6.劇団が大切にしていること、心がけていることは何ですか。

大切にしているのはそれぞれの個性とチームワークです。
仕事や子育て介護などを両立し過密日程の中で公演に参加する人もいます。
芝居に深く関わりたい人やちょっと体験してみたいという人もいます。
みなさんそれぞれ生活の中での役割が違うし、芝居に割ける時間もまちまちなので、 自分のやり方とか役作りをする上でのアイディアを大事にしています。
そして、限られた時間の中で作っていくので、よくコミュニケーションを取り、それぞれの状況を把握し、無理なく稽古ができるよう心がけています。


7.作品を通して伝えたいことは何ですか。公演ごとに違う場合は今公演で伝えたいことを、どの公演にも一貫したものがある場合はそれを教えてください。

人が持っている可能性とかエネルギーに触れて、演劇を身近に感じてほしいです。

8.今後の活動予定があれば教えてください。

演劇事務所'99としては、来年の演劇フェスティバルが目標です。
その前に新荘にある稽古場「風」での公演を考えています。
合間に他の劇団の公演や、中央図書館の朗読会「本のじかん・こえのじかん」のお手伝いをします。


9.ブログを見ている人へ、メッセージをお願いします。

演劇事務所'99としての公演は年1~2回ですが、出演した役者がいろんな場面で活躍しています。
ドン・キホーテにも4月公演Reading「ゴジラ」や8月公演「破壊ランナー」の出演者がたくさん出演します。
また違った表情が見られると思うので是非ご覧いただけたらと思います。


ありがとうございました!

【演劇事務所'99 公式ホームページ】
http://theatricals-office99.at.webry.info/



ACM劇場ブログをはじめ劇団ACMメンバーのブログ更新情報もいち早くゲットできるACM劇場Twitterも随時更新中!アカウントは【ACM_theatre】
直接飛びたい方はこちらをクリックしてください。

| 公演情報 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acmtheatre.blog27.fc2.com/tb.php/124-df1fe659

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT