水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ドン・キホーテ】第2回「リージョナル・シアターって何?」

こんにちは♪金木犀の香りも少しずつ街に広がってきました。季節の移ろいを五感で実感する今日このごろです。

ドン・キホーテ稽古風景
ドン・キホーテ稽古風景 撮影:offie Photo Style(佐川智伯)

さて、本日はリージョナル・シアターのご説明をしようと思います。
「え、今更リージョナル・シアター?そういえば、知っているようで知らないかも…!」という方、意外に多いと思います。(実は筆者もその一人です。)
リージョナル・シアターの存在意義を改めて今、一緒に考えてみませんか。

▼リージョナル・シアターって何?

劇団の枠・年齢の枠を超え、一つの作品を作るプロジェクトです。目的は以下の3つ。

・水戸芸術館の専属劇団である「劇団ACM」をはじめとする、地元劇団で活躍する俳優、水戸市民演劇学校卒業生が、団体の枠を超えて一つの作品をつくる場。
・質の高い演劇を水戸から発信する場。
・地元アーティストとのコラボレーションを試みる場。

▼誰が出るの?
出演者は一般公募によって決定します。15歳~75歳までの幅広い年齢層に加え、職種も学生や会社員など様々です。劇団に所属している俳優さんもいれば、演劇初体験の方もいます。まさに人種のルツボ。
そこのあなたも、興味とやる気さえあれば、素晴らしい設備の整ったACM劇場の舞台に立つことができるんです!ちょっと面白そうでしょ?

▼アーティストとの共演
地域に密着して活動を行うアーティストの皆様にご参加いただき、公演を盛り上げていきます。
今回のリージョナル・シアターでは、美術を長年茨城大学で教鞭を執られた十河雅則さんが、音楽を牛久を中心に活動されているスペインギター奏者の大島直さんが、舞踊を茨城のダンス界をリードする萩谷京子さんがそれぞれ担当します。
演劇初心者でも参加できる門戸の広いリージョナル・シアターですが、気は抜いていません。本物志向です。

▼地域を元気に!
演劇を通して地域が少しでも元気になるよう、地域の皆様との連携を図っていきたいと考えています。演劇はコュニティを作るのに最強の手段であると、先日行なわれた連続講座の際にも講師の方が仰っていました。

プロとアマチュアの交わり、役者と観客の交わり…。
リージョナル・シアターによって生まれる相互関係は、たとえどんなに小さなものでも、地域全体の活性化に繋がります。そんな地域コミュニティを発信するアンテナとしての一端を、水戸芸術館ACM劇場が担えたらと思っています。

年に一度の演劇のお祭りとして、地域の方に毎年楽しみにしてもらえるよう努力してまいります。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします♪



ACM劇場ブログをはじめ劇団ACMメンバーのブログ更新情報もいち早くゲットできるACM劇場Twitterも随時更新中!
アカウントは【ACM_theatre】
直接飛びたい方はこちらをクリックしてください。

| 公演情報 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acmtheatre.blog27.fc2.com/tb.php/129-227d0df3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT