水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ドン・キホーテ役者インタビュー】〈公爵家の人々〉編

本日は第2幕にでてくる公爵家と、その召使役のご紹介です。
〈メンバー〉
吹野藍さん(いたずら召使)

水柿修一さん(公爵家の司祭)

米川理恵子さん(公爵夫人)

以上3名です。
なかでも米川さんは俳優であり塾講師であり主婦だそうです。
ではどうぞ!

▼ドン・キホーテ役者インタビュー

―最初に、簡単な人となりをお聞きします。趣味は何ですか。

吹野さん
「好きな音楽を聴きながら何かすることです。」


水柿さん
「ジョギングと登山です。」


米川さん
「ガラス細工集めです。」


―ドン・キホーテに参加したきっかけ、または理由を教えてください。

吹野さん
「舞台に出たかったからです。」


水柿さん
「教員を定年退職して、学生時代少しやっていた芝居をもう一度やってみたくなったからです。
還暦を過ぎて、若い頃とは違う芝居ができるかというのも楽しみです。」


米川さん
「最初に水戸に来たきっかけが、地域による、地域のための演劇がしたいと思ったからです。その思いを忘れないためにも、このリージョナル・シアターに参加したいと思いました。」


―演じる役は、どんな人物ですか。作品中の役割を教えてください。

吹野さん
「シーンを騒がしくする役です。」


水柿さん
「少し融通のきかない、もったいぶったところのある謹厳実直な男。公爵家の中では唯一、公爵一族のたくらみを知らされていない人物。私個人の解釈ですが、彼は貴族出身でないため、公爵一族に対して劣等感を持っていながら、密かにドン・キホーテの自由奔放な生き方に嫉妬している部分もあるように思えます。」


米川さん
「この人はもしかしたら、退屈な日常を過ごしてきたのかもしれないと感じました。刺激のある獲物を見つけた途端、生き生きと目を輝かせるネコのような人なのかもしれません。」


―役のみどころを教えてください

吹野さん
「騒がしく走っているところです。その後の空気をお楽しみください。」


水柿さん
「公爵一族の茶番劇の中で、唯一毛色の違うところです。司祭の公爵家に対する劣等感と、密かなドン・キホーテの生き方への共感…。まぁ、共感の部分は演技の表に出ませんが。」


米川さん
「舞台の後半に出てくる不思議な人です。ご期待ください。」


―「楽しい!」と感じるのはどんなときですか。

水柿さん
「稽古を通して芝居が出来上がってくる過程や、自分自身が焼くに近づいて来た時です。」


米川さん
「出演しているみんなと同じ空間を生きていると感じられた瞬間です。」


―反対に「つらい…」と感じるのはどんなときですか。

吹野さん
「短いシーンの中で、役のキャラクターを出すのが難しいと感じるときです。」


水柿さん
「自分自身の役を掴みきれないときです。」


―ドン・キホーテはどういう物語ですか。あなたなりの解釈をお聞かせください。

吹野さん
「夢を追いつつも、常に現実に追われている騎士の物語だと思っています。」


水柿さん
「狂気といわれながらも、ひたすら自分自身の夢を追い求める物語です。」


米川さん
「ドン・キホーテがおかしな人なのか、周りの人たちがおかしいのか。彼の見ている世界がもしかしたら、本当なのかもしれない。言葉にするにはまだまだ、私には見果てぬところがあるので難しいです。ただ、ドン・キホーテの映画や舞台を見るたびに、自然と涙がこぼれます。」


以上で質問は終わりです。

それぞれの役の解釈が面白かったです。
とくに水柿さんの、「演技の表には出ないけど、共感している部分があるんじゃないか」というお話が印象的でした。
演技の表に出ない=「無い」「何も考えていない」ということではないんですよね。演じるということは、ただ台詞を唱えるだけじゃないんだとつくづく思い知らされました。ほんと役者さんはカッコいいです。
ありがとうございました。



ACM劇場ブログをはじめ劇団ACMメンバーのブログ更新情報もいち早くゲットできるACM劇場Twitterも随時更新中!アカウントは【ACM_theatre】
直接飛びたい方はこちらをクリックしてください。

| 公演情報 | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acmtheatre.blog27.fc2.com/tb.php/149-de52407d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT