水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【スクールレポ】体験ワークショップを開催しました!<vol.1>

今年から新しく始まる『水戸子どもミュージカルスクール』と『ソング&ダンスクラス』。
内容とその進め方の紹介を兼ねた体験ワークショップを開催しました。

講師にお招きしたのは、
全国でダンスや歌のレッスン、ミュージカルを指導してきた高城信江さんと木村かなえさんのお二人。
芸術監督の高橋知伽江が過去に書き下ろしたミュージカルでも、ダンスと歌唱指導の立場であったお二人なので、すでに息はぴったりで、水戸にもおいでいただくことになりました。
とは言え、参加をご希望する皆さんに、その内容はもちろん、講師の人となりもご紹介したくこの体験ワークショップの開催となりました。

水戸子どもミュージカルスクール

001_0107.jpg

参加したのは事前に申し込んだ小学4年生から中学3年生までの37名。
客席にはその父兄の方々など42名の見学者が集まりました。
高橋知伽江演劇部門芸術監督からの挨拶の後、講師のお二人の紹介があって、早速ワークショップが始まりました。
最初は基本のストレッチをして身体を温めて、それからシアターゲームで参加者同士の緊張をほぐし、次第にコミュニケーションを高めるゲームになっていきました。
最後に、具体的なイメージが言葉にいろいろなニュアンスを与えることを実感するゲームをした上で、歌のレッスンに入りました。

―基本から、プロの技まで

これも基本の発声の仕組みから、笑顔が歌にもたらす効果、身体の動かしかたによって声も変化することなど具体的なレッスンを重ね、課題曲に挑戦。
熱心な参加者と丁寧な指導で、いつの間にか一曲終えることができました。
これには二人のコーチもびっくりするほどでした。
指導は更に高度な方向に向かい、歌い手のイメージが歌や表現そのものを高めていくという体験を重ねた上で、振り付けに入りました(シアターゲームはこのための布石でもあったのですね)。
その振り付けも、参加者から出た自由なイメージを元に発展させていくようなもので、芝居つくりの楽しさのエッセンスも楽しんでいただきました。

―発表までできた!

001_0337.jpg

参加者の熱心さから、最後にはなんとそれを客席で見ている見学者の目の前でご披露もでき、たくさんの拍手まで頂戴しました。参加者・見学者ともに大満足の時間になったようです。
ワークショップの後も、参加者は客席に戻って今習ったばかりの歌と歌い方を忘れないように口ずさんだり、振り付けを思い出したりとその熱は高まる一方でした。

撮影:office PhotoStyle(佐川智伯)

次につづく。

| 教育プログラム | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT