水戸芸術館ACM劇場だより

茨城県水戸市にある水戸芸術館ACM劇場制作スタッフによるACM劇場公式ブログです。ACM劇場の公演情報や稽古場の様子など、劇場の最新情報を発信していきます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『十二夜』稽古場レポート その⑤

今回も引き続き、水戸版『十二夜』の出演者をご紹介します。



まずご紹介するのは、この方々。
塩谷&大内
撮影:office Photo Style(佐川智伯)

劇団ACMの二人。
塩谷亮(左)と大内真智(右)です。

お二人とも、オーシーノ公爵に仕える役ということなのですが、この不敵な笑みは何でしょう。
ちょっと悪い顔していませんか?







そして、トリを飾っていただくのはこの方!
近藤芳正2
撮影:office Photo Style(佐川智伯)

マルヴォーリオ役の近藤芳正さんです。

「近藤さんはまだ?」と思っていらっしゃった皆さま、お待たせいたしました!

近藤さん演じる伯爵家の執事マルヴォーリオは、使用人たちの長として、邸の秩序を守るために使用人たちを統率しています。
しかし、使用人の中にはその傲慢な振る舞いに恨みを募らせる者もいるとか。
恋模様が入り乱れる伯爵家にあって、マルヴォーリオだけは常に冷静であったはずなのですが…?


今回の公演では、『十二夜』後のマルヴォーリオを描いたひとり芝居『わたくし、マルヴォーリオは―』との二本立てがお楽しみいただけます。
このひとり芝居は日本初演。水戸でしか観ることの出来ないプログラムです。

近藤芳正4
撮影:office Photo Style(佐川智伯)

『十二夜』と並行してひとり芝居のお稽古に取り組んでいらしゃる近藤さん。
連日、稽古場からは笑い声が聞こえてきます…。
劇場では、誰も見たことのないマルヴォーリオをご覧いただけることでしょう。



5回に渡って、水戸版『十二夜』出演者15名の稽古場の様子をお伝えしてまいりました。
いよいよ稽古も終盤へ突入。劇場稽古が始まっています。


土日公演は席が埋まってまいりました。
良いお席はお早めに!

| 公演情報 | 13:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT